春光園について

ABOUT

先人のモノづくりへの想いを受け継ぐ

「春光園(しゅんこうえん)」は弊社が製墨業で使用する屋号で、古くは大正時代から使用して参りました。
時代の変遷とともに筆記具が筆からボールペンや万年筆などへ移り変わり、製墨業での「春光園」という屋号も社員ですら知らない存在になりつつある中、この会社の礎を築いてきた先人のモノづくりへの想いを受け継ぎ、また弊社の歴史を後世に繋ぐために、「春光園」という屋号を復活させることにいたしました。

「春光園」にはいつも清らかな春の光が降り注ぐ会社であり続けたいという願いが込められています。

春光園のロゴについて

LACQUER BLACK
墨の中でも最高級を表す「漆煙墨」をイメージした真の黒。 漆黒は、黒漆を塗った漆器のように深く艶のある「純粋な黒」を表します。
本来の黒が持つ日本情緒あふれる色を採用しました。

DEEP CRIMSON
高貴な深紅は「日本」と書道に用いる「雅印の赤」を表します。
古来より多くの人々を魅了してきた深紅のような濃い紅色は、混ざり物のない正真正銘の紅花による染め色であることからキラリと輝く製品の提案を行いたいという願いが込められています。